不可なり、不可解なり

2011.02.09(Wed)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
「一切凡小一切時の中に、貪愛の心常に能く善心を汚し、瞋憎の心常に能く法財を焼く。
急作・急修して頭燃を灸うが如くすれども、衆て「雑毒・雑修の善」と名け、また「虚仮・諂偽の行」と名く。
「真実の業」と名けざるなり。
この虚仮・雑毒の善を以て、無量光明土に生ぜんと欲す、これ必ず不可なり。」(教行信証)

今見ると「人の行う虚仮や雑毒の善で浄土にいこうとしても絶対にできませんよ」としか読めないのですが、以前は「頭の火をもみ消すような真剣さで善をしないといけないのだ」と受けとめていました。

何かで腹が立つことがあれば、「今のでせっかくの善がダメになってしまったのでは?」という不安さえ心に浮かびました。

少々の善(自分のために頑張ることが善だったのかどうか疑問ですが)で、何が知らされると思っていたのか、どこへ行こうと思っていたのか、全く無茶なことを考えていました。

不可解なり

スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/80-8c7ff748

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.