スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文字も言葉も変わっていないのですが

2010.06.13(Sun)

『本』 Comment(4)Trackback(0)
「お念仏のこころ」を読みました。

初めて読んだ時もとても感動しましたが、何度読み返しても有り難いなあと思います。

「名」と「号」にはどちらも自分を名のっていく意味があると書かれてあります。

「親子の名のり」とか「呼ばれている」とか、言葉では何度も聞いて知っていたけど、阿弥陀様がご自分の名を通して救いの成就したことをずっと告げてくださっていたのだと改めて思いました。

それをずっとただ一方的に告げられて、私には何も準備するものがいらなかったということのうれしさ、安堵感、有り難く思わずにはおあれません。

何が足りないのか、または何が邪魔しているのかと、自分の中で足すもの、引くものばかり考え続けていました。

本を読み返しても、今までお同行の方々に言われたことを思い返しても、こう書いてあったじゃないか、こう言われていたじゃないかと思うことばかりです。

文字にしてみればずっと同じ内容なのにどうして今まで気づかなかったのだろうと思うことがあります。

不思議にも思い、またうれしくも思うのです。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/42-59595484

トラックバック
コメント
久々に来てみましたが、ひょっとして救われました~(*^□^*)?
淳心房 2010.06.15 17:49 編集
こんにちは、コメントありがとうございます。(^-^)
今感じていることや、以前間違っていたなと思うことを書いています。わかるようになったという言い方が今の私にはしっくりくるような気がします。
ことり 2010.06.16 14:54 編集
書かれてあること、よくわかります。
読んでいても読んでいなかった。聞いていたのに聞いていなかったんですよね。
書かれてあったのに。言われていたのに。
そのまま聞いた。
不思議なことですね。
mary 2010.06.22 13:18 編集
こんにちは、どうもありがとうございます。
ああ、こういうことを言われていたんだなあと思うことがあります。
といっても自分で言葉にすると書いてあるままなのです。
そのまま、ただ、無条件、文字通りなんですね。
ことり 2010.06.23 00:09 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。