スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏智無辺にましませば

2017.07.05(Wed)

『未分類』 Comment(6)Trackback(0)
0704_20170705001641645.jpg

どういうことを言われているのかわかった時、お慈悲の広さのすさまじさに衝撃を受けました。

これなら助からない人などいるわけがない、と思いました。

一方で、あまりの差別のなさに逆に何か残酷ささえ感じました。

無条件と聞いても「いや、そうは言っても」という思いはありませんか。

因果の道理を叩き込まれた私たちには特に受け入れがたいことだと思います。



何のしばりも枠もないことが、かえってわかりにくくなってしまう原因かもしれませんがお慈悲は広大無辺です。










スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/346-2a9e43fa

トラックバック
コメント
はじめまして。可愛い絵で端的に表現されてすごいなあ、素晴らしいなあと思って読んでます。お慈悲は広すぎて時々わからなくなります。ヒットラーや東条英機も、そして高森先生も、、、こんな人も対象なのか!と受け入れ難いですが、お慈悲なんですね。南無阿弥陀仏です。
ゆき鈍 2017.07.20 11:59 編集
ゆき鈍様

はじめまして。コメント有難うございます^^

お慈悲は広すぎるゆえにわからないのですよね。
本当に常識を超えた圧倒されるような広さです。
有名な悪人(?)でなくとも、この人も対象ですか?と言いたくなる人もいます。
お慈悲がわからないころなら絶対に受け入れられなかったと思います。
今でも納得はできないけど「まあ他人のことだし私には関係のないこと」と受け流すことにしています。
本当、南無阿弥陀仏ですね。

ことり 2017.07.20 22:18 編集
凡夫には受け入れ難いお慈悲ということで、以前に紹介されていた「まんが正信偈のおはなし」に出てくる、なんであんなやつと俺が同じ位なんだ〜と言っていた修行者を思い出しました。因果の道理叩き込まれてると普通そう思いますよね。自分から阿弥陀さまを信じ込む信心だとそうなりますよね。
ゆき鈍 2017.07.22 21:49 編集
会を辞める前に、ある会員さんに思うところを全て話したことがあります。

その方は信心と自分の善が関係ないということが納得できなくて、「じゃあ私が家庭御法話を開いているのも全く無意味だっていうの?!」と血相を変えて叫ばれました。私の言い方が悪かったのかもしれませんが、その方の「自分はこんなに頑張っているんだ」という思いの強さを知らされました。

みんなこの苦労がいつか報われるという思いで活動されているのですよね。その思いが強い間はなかなか会を離れることも難しいように思います。
ことり 2017.07.23 02:15 編集
何かを得る為には何らかの業因が必要である。

このように考える人は、阿弥陀仏を自己のレベルに引きずり落として、阿弥陀仏との間で取引をしようという根性なのですね。だから永遠に本願力回向というご法義が判らない(笑

かって布教使が、『大阿弥陀経』「行巻」p.143の

 諸天・人民・蜎飛・蠕動の類、わが名字を聞きて慈心せざるはなけん。歓喜踊躍せんもの、みなわが国に来生せしめ、この願を得ていまし作仏せん。

の意を引いて、

 軒端に巣を張る蜘蛛までも必ず助ける本願じゃぞ

という話をしたら、何年も銭金、時間を使って聴聞して来たのに、蜘蛛と一緒というのは間尺に合わん、気に食わんと怒りだした人がいました。

そんなこんなで最近記した「大悲広慧の力」へリンクしておきます。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%A4%A7%E6%82%B2%E5%BA%83%E6%85%A7%E3%81%AE%E5%8A%9B



林遊@なんまんだぶ 2017.07.25 22:00 編集
林遊様

リンクを読ませていただきました、ありがとうございます。

会長自らが富山の会館を阿弥陀仏と取引をする場所と言っているので、会員全てがこのような考えになるのも仕方ない面もあります。

「善では救われない」という言葉は知っていても、思考や感情が全く結びついていません。

「みづからの善根」をあてにする気持ち一杯であることを、自分で気付けなくなってしまっています。

ただひたすらに広慧の力によって救われるということを、そしてその有り難さをわかって欲しいです。
ことり 2017.07.26 20:56 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。