スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンドレのセリフ

2016.11.16(Wed)

『未分類』 Comment(8)Trackback(0)
3130098.png

アンドレと聞いても誰かわからない方もおられるかと思いますが、不朽の名作マンガ「ベルサイユのバラ」に出てくるヒロインの相手役です。

そのアンドレのセリフの中に

「千の誓いがいるか 万の誓いが欲しいか 俺の言葉はただひとつだ・・愛している」

というものがあります。

これまでずっとオスカルを影で支えて守ってきたアンドレが、フランス革命の直前にオスカルに伝える感動的な愛の言葉です。



「誓い」ときくとやはりご本願を連想してしまいました。

ご本願がわからないころは阿弥陀様にいろんな要求を突きつけていたような気がします。

証拠がほしい、声が聞こえない、どうして救ってくださらないのか、信じられない、信じさせて欲しいという思いでいっぱいでした。

阿弥陀様の方でも、複雑な言葉やたくさんの要求を投げかけておられたのではありません。

ただ「浄土に迎えます」の思いをずっと伝え続けておられたのですね。




ベルばらには他にも印象深いセリフや含蓄のある言葉が多々ちりばめられています。

アンドレの愛に気付くことができた嬉しさを表すオスカルのセリフですが、

「心優しくあたたかい男性こそが 真に男らしいたよるにたる男性なのだと気付くとき・・・大抵の女は、もうすでに年老いてしまっている」

戦慄を覚えるほど深すぎて言葉もありません。


スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/334-4216d24e

トラックバック
コメント

自分も猫好きなのと、ホンワカした雰囲気が好きでちょっと前からこちらのブログを拝見していました。
灰猫タソの困ったような顔が特に好きですw

ベルばら、俺も全巻読破しましたw
昔、姉が好きだったようでコミックスが家にあったので。
言われてみれば、子供も大人も読める名作ですね。
「ジャンヌ姉さん、酷い」が子供の頃に読んだ俺の感想ですがw

自分は相当、阿弥陀さまを悲しませてしまったと思います。
苦しくて仕方ない時、助けてくれないと阿弥陀さまを恨み、呪い、実際に口に出して罵ってしまった事もありました。
本当は俺が産まれるよりもずっとずっと昔からずっと寄り添い、呼び続けて下さっていたのに。
今でも、お念仏申す身にして頂けたことが不思議です。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
R1000 2016.11.16 20:39 編集
男と同じで女もボンクラですね。
私と同じです。
ありがたい。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
とくよしみね 2016.11.16 20:39 編集
>>とくよしみねさん

今晩は。
ずっと謝らなければと思っていました。
以前、せっかく投稿文にコメントして下さったのに、勉強不足から失礼な返信をしてしまいました。
感情が高ぶっていた時期とはいえ、その節は本当に申し訳ありませんでした。
R1000 2016.11.16 21:03 編集
R1000 さま

どってことありません。

退会してすぐは過激になります。
まして阿弥陀さまに遇わせて頂いたすぐはなおさらです。
私もそうでした。
阿弥陀さまは辛抱強いです。
私は短気でも阿弥陀さまから鉄槌を頂きますから。
お互い様。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
とくよしみね 2016.11.16 21:43 編集
R1000さま

はじめまして、コメント有難うございます^^

ベルバラは去年BSで再放送していたんですよね。
アニメ技術が発達した今みたらどうなんだろうと思って見てみたら、確かに描写の繊細さでは比較にならないですが、昨今にはない骨太のストーリーに引き込まれて涙しながら見てしまうこともしばしばありました。

阿弥陀様は私が生まれる前からお呼び詰めという感覚がわかるのが不思議ですね。
なぜこういうことが言えるのか、どう説明していいのか難しいのですが・・。



とくよしみねさま

私には耳の痛いことです。
私の場合は有り難く思う心などさらになしと悲嘆述懐したい気持ちですね。。(-_-;)
ことり 2016.11.17 10:20 編集
R1000さま、ことりさま

鉄槌は私にですよ。皆さんじゃないですから勘違いなさらずに。
自分に忘れた頃に帰ってくることがけっこうありまして、申し訳ないな~と思わされるんですよ。わかりにくくて済みませんでした。

ところで恥ずかしい話、ベルばら読んでません。
オスカルが女の子だったなんて。
へ~っ、知らずにコメントしてました。


失礼
とくよしみね 2016.11.18 19:43 編集
>>とくよしみねさん

了解しておりますw
返信、有難うございました。ずっとモヤモヤしていたのですが、そう言って頂けて、心が軽くなりました。

皆さんもそうでしょうが、俺も阿弥陀さまに計らいを取って頂いてからもお育て下さっているなぁと実感しています。
特に自分の場合、最期を自殺で終えるという既定路線で、ある意味刹那的に生きてきた為に人生から逃げ続けてきたという面があると思います。
そういう人間が阿弥陀さまに救って頂いて、正直色々と戸惑ったり迷うのですが、これからもお聴聞してお育て頂きたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。


>>ことりさん

返信、有難うございます。
昔のTVアニメですが、「バラはバラは気高く咲いて~ バラはバラは美しく散る~」というオープニングだったかエンディングだったかの歌が今でも脳内再生余裕ですw

新参ですが、時になるほどとうなりつつ、時に楽しくチョイチョイ過去ログ読ませて頂いてます。
...2014年の6月から7月の流れ、思わず笑いましたw

R1000 2016.11.18 23:25 編集
とくよしみねさん

私など開き直ってお粗末なものです。

ベルばらは男性でも面白く読めるのではないかとは思いますので機会があればぜひ。

というかベルばらのネタで男性お二人からコメントをいただくとは思いませんでした^^


R1000さま

それはオープニングの歌ですね。
「愛が苦しみなら~いくらでも苦しもう~」というエンディングもいいんですよ。

過去のものにさかのぼったら、今いってることと違うことや同じような内容をもう一度書いてしまったりしてるかもしれません。
暖かい目でみてください。
ことり 2016.11.22 23:43 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。