EXILE坊主

2016.08.17(Wed)

『未分類』 Comment(7)Trackback(0)
お盆は親戚の法事に出ました。

みんながそろって待っていた席に到着したのは、EXILEのような髪型の若いお坊さんでした。

十数年前の祖母の新盆の時もやってきたお寺の息子でした。

いかにも今時の大学生という風情で、正信偈をあげてそそくさと帰っていったことがとても不満だった私は、今回もこいつが来たのかと内心がっかりしていました。

頭頂部だけを残してサイドを刈り上げた髪型と浅黒い肌、うっすら蓄えた口ひげ、袈裟を着た自分に違和感ないんかとツッコミをいれつつ、それでもひょっとしたらあれから成長していい説法をするかもしれないと批判と期待の混じった視線で見守りました。

いい声量で阿弥陀経をあげてこちらに向きなおったと思ったら、第一声は「おトイレを貸してください」でした。

まあトイレくらい行くでしょうと私は思いなおし、帰ってくるのを待ちました。

帰ってきてお茶を受け取りいよいよかと思ったら、施主と世間話をするだけでまったく何かが始まる気配はなく、結局そのままお布施を受け取って立ち去りました。

みんなは恭しく頭をさげて見送りましたが、私はモヤモヤしたものが残りました。

これもS会の後遺症なのかなあと思いつつ、隣の姪に「あのお坊さんどう思う?」と聞いてみると「マキダイ(EXILEの一人)みたい。チャラ坊主じゃ」と言い放ち「ご職業は?って聞いてみたいよね。嫌味っぽく」と笑いました。

私もすごく笑ってちょっと気持ちも治まりました。



お盆は忙しくて説法をやってられないのかなあとも思いましたが、こういう時でないと他の親戚などは聞くことなどないのだし、せっかくのご縁がもったいない気がします。

大学生のバイト感覚でやられるのもムカムカしたけど、さらに外見が進化(?)していたのには驚きました。

最近ネットでみた「お坊さんあるある」に「お茶の代わりにめんつゆが出される」というものがあったのを思い出し、その時は「めんつゆと麦茶を間違えることなんかあるのかな」と思ったのですが、「こういうタイミングなのかもしれない」と思いました。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/329-2e6d9282

トラックバック
コメント
「説法の一つもしたらどうだ」と私の檀那寺でも思います。
住職は私の同級生。
「お前、何か話せよ」といつも思ってしまいますが、
ある意味、お経とのご縁を頂いているのだと思えば仕方ないかと思うようにしています。
非常に残念ですけど。
「俺がしゃべってやる」と言いたいですがいつも言えずにウジウジしています。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
とくよしみね 2016.08.24 22:17 編集
とくよしみね さん

コメントありがとうございます。
ひょっとして一生説法しないお坊さんとかいるのでしょうか。
何も30分1時間とは望んでないし、5分でもいいから阿弥陀様やお念仏のことを話してほしいと思うのに。
お経をあげるだけならお坊さんにきてもらう意味がすごくわからなくなってしまうのです。
それなら誰でもできるんじゃないかと思ってしまって。
S会を辞めてお寺に対する考えも変わってきたけど、ひごろ説法を聞いている先生方以外のお坊さんに対してはまだ厳しい目線が直りませんね。。
ことり 2016.08.25 09:50 編集
ことりさま

残念ながら私の後輩はお東の住職ですが、一切法話はしないみたいですよ。もちろん、信心なんて無いと思いますね。
お寺のホームページさえ無いのですから。
残念ながらそういう人もいるのです。
自分の身の幸せと頂いたご恩、どうしたものですか。
もんもんとしている自分が情けないですね。
せめて、将来念仏じじいと言われてやろうかと思っています。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
とくよしみね 2016.08.25 20:48 編集
後でどこのお寺さんか聞いてみて調べたら、やはりこちらもお寺のホームページはありませんでした。
やる気ナッシングなんだなと思います。
ことり 2016.08.26 21:11 編集
どうでもいいことかもしれませんが、同級生は曹洞宗です。
後輩は上記に書いたとおりお東です。
ある意味、親鸞会の批判の当たっているところもありますね。
葬式や法事しかしない寺は結構ありますから。

残念、斬り!!

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
とくよしみね 2016.08.27 00:09 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.08.28 20:48 編集
秘密コメントさま

熱心でないお坊さんは淘汰されてかまわないのですが、そうなりそうにないのは聞く側の問題でもあるんじゃないかと思っています。

そういうお坊さんを甘やかしているからやる気がなくても存続できるお寺が出てくるのだと思います。

といっても私たちのようにS会を通過してきた人かもともと熱心な門徒という方でない限り、説法があろうがなかろうが問題に思うこともできないと思うし。。

聞かないことには興味も持ちようがないので、やっぱりお坊さん側の問題が大きいのでしょうか。

私も社会に受け入れられるかどうかは気にせず、本来の仏教を話してほしいと思います。
ことり 2016.08.29 01:16 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.