無条件?

2016.02.04(Thu)

『未分類』 Comment(5)Trackback(0)
0204.jpg




スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/301-6597cb7e

トラックバック
コメント
信心とは何でしょうか。
教えてください 2016.02.04 12:51 編集
コメントありがとうございます。

以前は阿弥陀様からもらうお浄土行きの切符だと思っていました。
今は阿弥陀様のお慈悲を受けとめている状態だと思っています。

ここの「信心がある人は無条件で救います」という言葉は、以前の私の理解です。
阿弥陀様さえ信心をくれたら私は救われるのに、と思っていました。かつての私のように思っている人がいたら、何かに気付くきっかけになってほしいと思って描いています。

「得る」という表現もありますが、信心は「やり取りする何か」ではなく自分の心の有様だと思っています。

ことり 2016.02.04 16:32 編集
こんにちは。
ことり様の記事がそのまんま私の心の内でしたので、
思わずコメントさせていただきました。

阿弥陀様って、私がこんなに求めてるのに
全然何もしてくれない!って。

先生方が教えてくれます。
「私が願っているんじゃない。
阿弥陀様から願われているのが私なんだ。
その時、自分の求道が大きく転換する」と。

頭だけで言葉を理解し、分かったような気になっているのが私です。
そこから出られるきっかけを、言葉を、探してしまいます。
早く阿弥陀様と一緒に生きたい、
一人じゃ寂しい、ただそれだけです。
セリ 2016.02.04 20:13 編集
セリさま

コメントありがとうございます^^

他力ときくと「じゃあ救われるも救われないも阿弥陀様の胸三寸で決まるのか、もう自分ではやりようないじゃん」と無力感に襲われていました。

一方阿弥陀様が何と言われているかというと「信心がないと救えません。今のあなたじゃ無理だからがんばって!」だと思っていました。

これではお互い責任を押し付けて背中を向けた状態で、阿弥陀様に遇うことはありえません。

ですが、私がやっと阿弥陀様に向くことが出来た時、すでに阿弥陀様はずっと昔から私に向いておられたということがわかりました。

私が御本願を受け入れるよりずっと昔から、阿弥陀様は私を受け入れてくださっていたのです。

すでに受け入れられ、すでに認められ、すでにお慈悲を賜っている状態、これは阿弥陀様から見られた今のセリ様の状態でもあるのです。

私たちがそれを受け入れるかどうかであって、他力は他力なのですが、気付くこと、受け入れることは私の身の上に起こることです。

自分でも何を言ってるかわからなくなってきました。
言葉にするのはとても難しいです(^^;)

うまく何かが伝わればいいなあと思いながらいつも書かせていただいています。
ことり 2016.02.05 01:01 編集
ご回答、有難うございました。
教えてください 2016.02.05 07:55 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.