スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今どう思っているか

2015.08.24(Mon)

『未分類』 Comment(2)Trackback(0)
回心

「廻心の体験」は聞いたところで自分の参考にはならないのでおそらくあまり意味はありません。

かといって、S会のように絶対聞いても話してもいけないなど、秘密にしておくほどのものでもありません。

(語ってはいけないなんて、S会自身で批判してる土蔵秘事とむしろ似ています。)

これまでにどうやってわかったかという部分を数人の方に聞いてきたはずだけど、あまり覚えてないし聞いてもモヤ~とした感じでした。

(自分のことかと思われてる方々すみません)

言おうにも言葉でハッキリ言えるものではないのだと思います。

「自分」の部分は何も変わってないのだから、自覚としても、傍からみても何も変わっていません。

また「その時」が大事なのではなくて、今どう聞いているか、ということが大事なのだと思います。


ちなみにイラストに最初「一念の体験」と書こうとしたけど、法話で聞いたことないし、何か違和感を感じてしまいました。

自分で時を限定するのもどうなのかなと思ったので、他の言葉を考えて廻心と書きましたが、今の私としてはこの方がピッタリ来ました。

くるりと心の転換が起こったことを表すのにふさわしいと思ったからです。

内容を端的にとてもよく言い表されている言葉だと改めて気付きました。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/287-265dd31e

トラックバック
コメント
回心(廻心)とは言いえて妙な言葉ですね。
キリスト教では回心(かいしん)conversionといいますが、浄土真宗では、自力の心を捨てて本願他力に帰することを回心(えしん)言います。私の心の向きが違っていたということなのでしょう。
深川倫雄和上は、御開山が初めて法然聖人にお逢いになられた時、私の心の向きが違うていたと思われたのです、とされていたりしますね。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://www.hongwan.net/index.php/%E4%BB%8F%E5%8A%9B%E3%82%92%E8%AB%87%E3%81%9A_%28%E8%AC%9B%E8%A9%B1%29

林遊@なんまんだぶ 2015.08.27 14:26 編集
林遊@なんまんだぶ様

コメントありがとうございます。
心の向きが変わる、転換する、入れ変わるなどの意味を表すのに、よくこの字を当てはめられているなあと思います。「かいしん」から思いつく「改心」では自分から行うようでちょっと意味が違ってきますし。。自分でそうするつもりもなかったのに、立ち位置がくるっとターンしたような感じです。
ことり 2015.08.28 10:21 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。