スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちまではわからないもの

2015.06.19(Fri)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
先日ある方と話していた時にS会の話題になりました。

私がある宗教組織にいたとはご存知ですが、内情を詳しく知っている方ではありません。

お布施をたくさんしたり行事にたくさん参加したり活動を熱心にする人は、とても信仰心篤い人と思われ尊敬されるという話をしたとき

「素人考えだけど、そういうことで信仰心が計れるものなの?」と聞かれました。

「お金と時間がある人なら信仰心がなくても可能だし、気持ちはあっても時間もお金もない人だっているんじゃないの」と言われました。

うむむそうだなあと思い返しました。

当時の自分に信仰心といえるものがあったのかというのも疑問に思えてきます。(今もですが)

「ご報謝の金額はこれくらいしないと恥ずかしいだろうか」とか「これだけ参加していればすごいと言ってもらえるかも」という気持ちで頑張っていた面もあります。

言ってみれば会が喜ぶようなことをしたかったのです。

50周年の時だったか、支部でいかに人を集めるかという会合に呼ばれなかった時はなにかひどく傷つきました。

自分だってこんなに頑張って貢献しているつもりなのに認められてないんだなあ、と思ったからです。

ほとんど来ないような会員さんのことは信仰心もなく会に貢献する気もない人という目でみていたので、自分もそういう人と同じように思われているということが面白くありませんでした。

でも会を辞めて見れば、実はそういう方が熱心に法を聞かれていたり、熱心に活動していても信心に疑問も興味もない人もいるということもわかりました。

恵まれた環境がある人はさほど無理なくやれてしまうだろうし、信心を求めていても活動として表れるものではない場合もあるのだと思いました。

また自分の精一杯の限度と他の人の限度は違うし、行動ではなかなか推し量れないものだと思います。

そういえば「貧者の万灯」の話もありましたが、真心を讃えられた話というよりも「どんなに貧しくても精一杯お布施はするんですよ」と言われている話に聞いていました。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/279-cd5b1bf0

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。