罪悪感はいつ必要か

2014.07.09(Wed)

『未分類』 Comment(5)Trackback(0)
罪悪感はいつ必要か

スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/241-c2c1a0e0

トラックバック
コメント
浄土真宗の坊さんでも、いきなり二種深信から入っちゃうから聴く方はおかしな苦労をしちゃうんでよすね(笑
観経の三心の一つである深心を、すなはちこれ深信の心なりと開いたのが機法二種の深信であって、単独の罪悪感なんてありませんよね。御開山は愚禿鈔で、

第一の深信は、「決定して自身を深信する」と、すなはちこれ自利の信心なり。

と、されています。御開山の用例では自利は自力の意ですから、第二の深信と一具でないならば自力の信であるとされますね。
開くというのは説明の論理のための補助線であって、全体を見ずに個々の文言に拘泥するとおかしくなります。
御開山は、「又」という字に着目されて、深信を七つに開いて考察されておられますしね。法然聖人は、

導和尚、深心を釈せむがために、余の二心を釈したまふ也。経の文の三心をみるに、一切行なし、深心の釈にいたりて、はじめて念仏行をあかすところ也。(十七条御法語)

と、仰ってますが、なんまんだぶの行法抜きに、二種深信を論ずるから罪悪感の陥穽に陥るのかなと思ふ。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
林遊@なんまんだぶ 2014.07.11 11:08 編集
林遊さま

詳しく教えていただきありがとうございます。
以前は矛盾する2つが同時に理解されること、と聞かされていたので、それがわかるとは一体どういう心地なのかと思っていました。
機の深信の方しかよくわからなかったので、自分の罪悪を厳しく見ていく癖がついていました。
また、自分では出離できないらしいので、がんばって信心決定するしかないのだと思っていました。
自分を見ていく事が唯一の手がかりと思っていたけど、全く逆だったのですね。
阿弥陀様と無関係な信心を求めていました。

自利の信心と言われているのも、なるほどなあと思います。

二種といっても矛盾する二つの事柄ではなく、同じことを機と法から言い換えられたものだったのですね。
ことり 2014.07.11 20:43 編集
そうそう。如来の勅命に対して自力の思いを離れるのが機の深信、自力の思いを離れて勅命に対峙する(勅命を受ける)のが法の深信。それらは同じ事。その事と罪悪感をからめるから、話がおかしくなったり、話が通じなくなったりするのです。私がコメントすると、火の粉がとんでくるかも。そのときはご免なさい。
たかぼー 2014.07.12 15:08 編集
法然聖人は、「往生大要抄」の中で何故このように矛盾(こと葉相違して)なのだろうかと考察されてます。
そして、法の深信のみだと、「みだりに自身を怯弱して」かえって本願に背く恐れがあるので、善導大師はあえて機の深信をあらわされたのだといわれてますね。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://hongwanriki.wikidharma.org/index.php/%E5%92%8C%E8%AA%9E%E7%81%AF%E9%8C%B2#P--578
林遊@なんまんだぶ 2014.07.13 10:00 編集
たかぼーさま

たかぼーさんの火をも恐れぬ率直さを常々尊敬しております^^
私も見習って思うところを描いて見ました。
私個人でいえば、S会に入ったのは身近な人の無常を感じたことと後生の恐ろしさから逃れる為で、罪悪感はあまり関係なかったなあと思った次第です。
よほどの罪の自覚がない限り、罪悪感で仏教を求めることはなかなか難しいのではないかなあと思っています。

林遊さま

原文の箇所を検索して読んでみました。
私は機にとらわれるきっかけになるから、むしろ法の深信だけでよいのではと思っていましたが、法然上人は自分の機をみて不安に思い本願を疑う人がいるから、機の深信をたてられたのだと見られたのですね。
そういう視点から味わってみると、戒めのような印象だった機の深信が、赦しのように感じられます。
ことり 2014.07.13 22:11 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.