お寺の在り方

2013.07.31(Wed)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
寺よかわれ

タイトルにひかれて図書館で借りてみました。

社会と隔絶したような仕組をどう解消していくのかは難しそうだと思いました。

また、世襲制でお寺と家庭が一緒になっている構造から、やる気やプロ意識は育ちにくい仕組みに感じてしまいました。

お寺側にも一般の側にも、これを問題にする人があまりいなさそうにも思います。

理想のお寺の在り方をいろいろ考えてみたのですが、難しそうでよくわからなくなってしまいました。


スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/187-df55bdd7

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2018 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.