仏凡一体の補足

2012.04.20(Fri)

『未分類』 Comment(5)Trackback(0)
旅

切符を親に預けて自分は気楽に旅をしているような感じです。

自分がちゃんとしてないといけないこともなく、切符の心配は親に任せて安心している状態です。

なので自分の手元にはないものと感じるのかもしれません。

私が持ってないので、切符を捨てたり破ったりもできません。

一体というよりつながっているという方が私の感覚には近いようにも思います。

スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/134-bbc1d4a5

トラックバック
コメント
同感。わかりやすいです。
たかぼー 2012.04.20 11:41 編集
追加します。「仏凡一体」という言い方は誤解を与える危険な言い方であると私は思っています。おそらく、もともとは真宗の教義とは異別の思想体系上の造語であると考えています。本願を信受したということが言いたいのであれば、阿弥陀仏に帰命した、とか、南無阿弥陀仏のこころを心得たると言えばよいのに、ことさらに、仏凡一体というと、仏智と一体となり、仏智が我が智慧になったかのような誤解を与える原因となったりしますし、知識帰命の根拠として悪用される危険性がある語句であると思います。本願を信受した信を基準として、これまでに知り得た教学上の知識や教義をふるいにかけて、真宗にふさわしくない思想をあらわす造語類に対しては、啓して遠ざける態度が必要になってくるでしょうね。
たかぼー 2012.04.20 13:06 編集
横から失礼します(;^_^A

仏凡一体ということは、蓮師が御文章に書かれていることであり、存覚上人の浄土真要鈔にも、仏心と凡心とひとつになるとありますから、たかぼーさんのお考えは、ちょっと行き過ぎではないかなと思います。
仏凡一体とはあくまでも法徳の所談であり、信心をうると悟りをひらくとかスーパーマンになるという事ではない、と理解してさえいればそれでよいのではないでしょうか。
Rudel 2012.04.21 00:30 編集
Rudel さま
仰るとおりだと思いますが、最近、次のようなことを知りました。連師は、よく他流の書の表現を真宗の法義を示すものとして使われてます。たとえば、「南無阿弥陀仏の主になる」という表現の「主になる」という表現部分について、梯和上は、仏光寺派における知識帰命の異安心を説いている「他力信心聞書」の「かの修行の劫(功?)をたまわりて、その主になりぬれば」という表現によられたものであろうと、推測されております(梯和上著「他力信心聞書の一考察」203頁から204頁)。かの修行の功とは、法蔵菩薩の兆載永劫の修行を指しています。そして、この異安心は、全知識のみがその徳を具し、仏則知識という結論を導く根拠として利用しています。連師は、その表現を利用しつつも、「南無阿弥陀仏の主になる」という表現の意味については、その意味を間違えないように釘を刺していますが、その「主になる」という表現の源流をたづねると、異安心の教義にたどり着く、ということが推測されているわけです。面白いもんですねぇ。漢字の語源を探ると意外な意味があることがわかるようなものですね。ですから、私は、「主になる」という表現は、語源に違和感を感じており、使いたくないと考えています。また、その「主になる」という表現は、それがあらわそうとする「他力信」を適切にあらわす表現でもないと思います。徳をあらわすという意味で使用してもいいのではないか、というのも一つの考えだと思いますが、連師のように「南無阿弥陀仏の主になる、というは六字を心得ることだ」と説明を加えて用いる必要があると考えております。
たかぼー 2012.04.21 11:15 編集
切符の表現は私がどこかで聞いたか読んだかのたとえだと思います。
自分はぴったりくるけど、「こうではありませんよ」という例だったかなと思って本やネットを見てみたけど探せず、仕方ないと思って載せてみましたがよかったです^^
蓮如上人は他流の表現を用いられることもあったのですね。七三郎さんも念仏を「鬼が仏になるまじないだ」と言ったりしてますね。
仏凡一体は私もなかなか捉えるのが難しいお言葉ですが、るうでるさんの言われることもわかります。取捨したり考えてみることで法味が深まっていくのかもしれません。
続きは場所を変えてやってみましょう~^^
ことり 2012.04.21 15:01 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.