スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法然と親鸞展

2011.12.21(Wed)

『日常』 Comment(2)Trackback(0)
法然親鸞展-2

ちょっと前になりますが、「法然と親鸞」展に行ってきました。

メトロのメルマガにチケットプレゼントとあったので応募したのですが外れてしまいました。

もう終了間近だったからか、想像をはるかに超えた混雑振りに圧倒されました。
遠巻きに見るのがせいいっぱいで立ち止まることも出来ず、これなら当たらないのも無理はないなあと思いました。
ご年配の方が多いけど、若い人も結構いました。

親鸞聖人や法然上人は歴史上の偉人というより自分に関わりのある方と思っているので、一般的にどれくらい有名な方かよくわからなくなってきているのですが、こんなに大人気なんだとびっくりしました。

お寺にいってもこんなに人はいないのだけど、親鸞聖人や法然上人にどういう興味があってみんな来てるのかちょっと知りたい気もします。

鏡の御影や、選択本願念仏集、教行信証(坂東本)、唯心鈔文意、阿弥陀経註、蓮如上人の歎異抄など、本当に感動しました。

直筆のご著書をみると、普段は活字でしか見たことないので(当然ですが)不思議な気持ちになります。

改めて、ここから始まって私まで届いてくださったのだなあと思います。

武将などが書いた歴史的価値のある書物などみるのも面白いですが、これらのような善知識の書かれたものは今の私に時間を越えて関係あるものだと思うととても有難い気持ちになります。

過去に書かれた書物として鎮座しているのではなく、心や思いの働き、今も生きて脈打つような暖かさ、熱量を感じる気がしました。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://kotonoito.blog89.fc2.com/tb.php/104-c2067349

トラックバック
コメント
法然と親鸞展、私も行ってきました。
確かにすごい人手でしたね!
大変でしたが、やはり実物を拝見したときは熱い思いになりましたね。。
るぅでる 2011.12.24 18:57 編集
貴重なものがたくさん展示されていましたね。
どれもが有り難く、本当に感動しました。
善知識方も生身の人として存在しておられたんだなあと不思議な気持ちにもなりました。
ことり 2011.12.25 01:25 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2017 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。