スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

人の求道を笑うな

2016.03.31(Thu)

『未分類』 Comment(10)Trackback(0)
法話の中で、唐突にS会の名前がでる時があります。

そういう時は自分の名前を呼ばれたかのようにドキッとします。


最近聞いた法話の中でも、話している講師が実際にS会会員とやりとりした時のエピソードが語られました。

法話の後の酒の席でふざけた冗談を言っていたお坊さんたちを

「あなた達は後生の一大事をどう考えているんですか!そんなふざけたことでいいんですか!」と真っ赤になって怒ったという話です。

自力作善の人の例として「自分が一生懸命がんばってきたという思いがあるからこういう発言になったのでしょう」といわれました。

ですがこれを聞いている人達は大爆笑です。

私はひどく肩身のせまい複雑な思いで聞いていました。

「S会の人は真面目でよく勉強していて御文もスラスラでる、また若い人が大勢聞いている」

「この方はそうとしか聞いてなかったのだから知らなかったのだ」

というフォローもありますが、流れとしてはどうしても笑いを誘うものになってしまうのです。


私は思わず件の会員のようにこう怒鳴ってやりたい気持ちにかられました。

「今笑っているあなた方、むしろ真剣に考えてみたらどうなんですか!若い人なんてほとんどいないこの会場を、少しは問題に思う気持ちはあるんですか!」


あまり言い過ぎるとS会を庇ったり認めたりするような内容になるので、注意深く言わないといけないところだとは思います。

ただS会が問題なのはもちろんですが、教えを浸透できていない今のお寺のあり方にも問題はあると思うのです。

自分なりに後生を真剣に考えて向かい合おうとしたことが、そんなに笑われることだとは思いません。

また多くの時間やお金や人間関係など犠牲にしてしまったことの大きさを思うと、他所で笑われているということが本当に悲しい気持ちになります。



辞めた人の中でも意見はわかれるとは思います。

すでに割り切って笑って聞き流せる人もいるでしょうが、私はまだそんな気持ちにはなれませんでした。

スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2016 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。