自分の感覚を大切にする大切さ

2014.10.23(Thu)

『未分類』 Comment(2)Trackback(0)
ハロウィン

私は何周年という行事に参加したことがなかったので、55周年記念大会をとても重大な行事に思っていました。

もちろんそう思わざるをえないような雰囲気もありました。

当日、あるとても熱心に活動されていたご夫婦のご主人が、姪御さんの結婚式に出るため一日で帰られました。

どっぷりはまっていた私はとても残念に思い、あんな熱心な方がこの行事を途中で抜けられることを意外にも思いました。

おそらく奥さんは反対されていたと思うし、途中で帰ることに罪悪感もあるでしょうし、苦渋の決断ではあったと思います。

しかし、今ならこの方の感覚は正常だったんだなと思います。

参加に値しない行事だからという意味ではなく(もちろん参加しなくていいのですが)、自分の価値観を大事にして行動されたことがすばらしいと思うのです。

何年後かに会を辞めて気付かれた時、結婚式に列席されてなかったらとても後悔されたと思います。


結婚式ほどの重大な行事ではないですが、人に強く言われて会を優先したことがありました。

あまり納得できないままそうしてしまったので、自分の気持ちを尊重できなかったことを今は悔いています。

会にいた間は「仏法」という価値観を盾にとられた上に「自分の後生」も人質にとられた心理状態で、正常な価値観や物事のバランス感覚を見失っていました。

重大なことからささいなことも含めて、何かの機会を会を優先する為に失ってしまった方はおそらく多くおられると思います。

カルトに限らず、自分を大事にできていない状況に違和感を感じる感覚は大切だと思います。

混乱した状態ではそれに気付くのもなかなか大変だとは思うのですが、その気持ちを無視しないことが大事だと思います。

多分その感覚は正しいことが多いと思うからです。
スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2014 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.