信じたいことしか信じられない

2013.12.26(Thu)

『未分類』 Comment(4)Trackback(0)
9290133.jpg

数年前にある番組の特集でみた話です。

1988年オーストラリアのあるテレビ局が、一般男性を降霊術者としてでっちあげたやらせを企画しました。

トリックを使ってそれらしくふるまう偽降霊術者にメディアも視聴者もすっかり騙されて大量の信者を生み出しました。

オペラハウスでのショーが最高潮に達した時、すべては嘘だったことが観客に告げられ、それを聞いた多くの人は怒ったり呆れたりして大問題になりました。

その時企画に関わっていたジェームズ・ランディは「電話一本で確認すればペテンだとわかるネタが数多くあったのに、メディアはその手間すら行わず、検証も怠り鵜呑みにし、何の価値も無い電波を視聴者に向かって流し続けた。かように人が簡単に騙されやすいと同時に、メディアを騙すのも造作無い」と言ったそうです。

なんとなく自分のことを言われている気持ちでした。

自分で勉強したり本願寺のことを何も調べずに、会長を褒めたたえる周りの人の言葉ばかりを鵜呑みにしていたなあと思いました。

このテレビの話には後日談として、事件が明らかになってもなお信じ続ける一部の人がいたことが付け加えられています。

全く不思議ですが、人にはそういう複雑で強固な部分があるのかもしれません。

50周年の後でたくさんの人が辞めるに違いないと思っていたけど、ほとんど変わってないように思います。

本願寺の聴聞にいってもごくごく一部の元会員さんに会うだけです。

ネットでいろんなことが明らかになって、情報もすぐに得られる今の時代にどうして辞められないのか理解できないですが、このテレビをみて少しわかったような気がしました。

万が一会長が「自分の私利私欲のための嘘でした」と言ったとしても、それでも辞めない会員さんっているんだろうなあと思います。
スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2013 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.