勝手、勝手

2010.07.31(Sat)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
「さように自分勝手に落ちていくものはしかたがない。残念ながら落としてしまえ。」

「そなたの母は地獄に落ちるとなげいているそうだが、われわれの地獄におつることはいまさらのことではない。あたりまえのことじゃ。その地獄におつるものを、おみとおしあそばして、必ずたすけるとおおせらるるが阿弥陀様の勅命じゃが、それでもそなたは地獄へ行くのか。」          (「妙好人のことば」より)

おきしという女性が臨終に後生が不安になって嘆くので、娘が香樹院徳竜師のところへご教化をいただきにきた時のお言葉だそうです。

今読ませていただくと、とてもよくわかる気がします。

もともとやりようもない身でありながら、それを必ず助けると仰せの阿弥陀様がおられるのに「助からない」と嘆くのは、もう「自分の勝手」としか言いようがありません。

一体誰が決めて、誰がそう言っているのか。
私が勝手にそう言って、勝手に嘆いているだけなのです。

そもそも誰に嘆いて訴えていたつもりなのでしょうか・・。

阿弥陀様を無視したまま、全く聞いていませんでした。
スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2010 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.