変わらず、変わられず

2018.02.12(Mon)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
0209.jpg

信心決定すれば、煩悩からも自由になれると思っていました。

煩悩は変わらないという言葉も何度も聞いたけど、基本的に信心決定した人は会長しか知らないし、その会長は人格も優れた人だと信じ込まされていたのでやはり何かしらの変化はあるのだと思っていました。

この世のことは一段高いところから俯瞰してみられるような、生きてよし死んでよし、幸福でよし不幸でよしという達観した人になれると思っていたのです。

そうなることで人格にも変化があるのだろうと思っていました。

しかし実際の感覚としては、思考や性根の部分は何一つ変わらないというものでした。

階段を一段あがるどころか、びたーっとその場に張り付いたままの自分でした。

人格の優れた人は優れたまま、卑しい人は卑しいまま呼びかけられています。

本音としては大いにがっかりした部分ですが、自分と離れたところに信心はありませんでした。



スポンサーサイト

pagetop ↑

かなしきかなや

2018.01.22(Mon)

『未分類』 Comment(5)Trackback(0)
今日は関東でも大変な雪でした。

ここまで積もったことは私の記憶にはありません。

家にたどり着けない人はいないのか、野良猫たちはどうやって雪をしのいでいるのか、心配が尽きません。



早いものでもう1月も後半ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末からインフルエンザにかかり、旅行や帰省もキャンセルという散々なお正月を過ごしてしまいました。

S会にいたころは神社に行ったりお参りすることにはとても抵抗がありましたが、今では全く気にしなくなっています。

昨年はおみくじもひいてみたところ、なんと凶でした。

お正月なのにこんなの入れてるんだと、なんだかおかしくてもって帰りました。

凶を見るのが初めてでしたがとにかく諸々悪いと徹底的にダメ出ししてある内容に、正直馬鹿馬鹿しいというか、上から目線な思いがふつふつと湧いてきて、逆にすごくいい年にしておみくじというものがデタラメなことを証明してやろうじゃないかという挑戦的な思いになりました。


1年過ごしてみた結果としては、まあ可もなく不可もなくという感じだったと思います。

本当に願っていたことは叶わなかったのでまあその部分をみれば凶と言えなくもないですが、その他が全て悪かったかというと決してそうではなく、まあまあ無事平穏に過ごせたので、凶というには言い過ぎだなという年でした。

なので一応おみくじが当たらなかったという証明にはなったのではないかとも思うのですが、問題なのは私の気持ちが徐々に変化してしまったことです。


一月二月と過ぎる度に「ほらやっぱり何もなかったじゃない」と思っていたのですが、その気持ちが上から目線というよりは段々安堵の気持ちになっているのを自覚するようになりました。

その思いは年末になるに向けて強くなって、このままあと少し2017年を無事に過ごせますようにという願いになってしまっていました。

早く2017年が終わって欲しいと思うようになり、年越しを終えた時はどこかほっとした気持ちがありました。



結果、自分が思っていた以上に凶のおみくじに左右されていることがわかってしまいました。

こういう気持ちになるのが嫌で、今年はおみくじを引かなかったくらいです。




よくよく思い返せば実生活での不安感、または望みが強くなると根拠の無い迷信だと思ってもつい占いなどに頼りたくなる気持ちがあります。

風水的によい色を意識したり、良い手相と言われるものがあれば自分と比べてみたりもします。

親鸞聖人が戒められているので、ダメ!絶対とは思っているけど、未だ気になる気持ちはあるなあと自覚しています。

なにやら後ろめたい気持ちになりますし、このようなブログで書いていいのかとも思ったのですが、みなさんはどうなのかなと思って敢て書いてみました。



ともあれ、よい年となるように日々を大事に過ごして生きたいと思います。



pagetop ↑

このままで

2017.09.10(Sun)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
0910_20170910222655fe8.jpg


お慈悲の意味がわかってから、これは今まで私が想像していたものとは全く違っていたということがわかりました。

信心決定すればこの世の苦からも解放されるのではないかと期待していたけど、残念ながらそういう方向のものではないのだなということもわかりました。

良くも悪くも私は私のままで生活するだけです。

これまで間違ったこともおおいにしてきたし、今となっては取り返しのつかないことや後悔することもたくさんあるけど、その時その時では一生懸命に生きていてそうなるしかなかったのだと思うことにしています。

私は妙好人方のようにはなれないし、何か仏教的な目覚めや気づきもありません。

仏法を知る前がそうだったように、いわゆる一般的な善悪の感覚から外れないよう努めていくだけです。






pagetop ↑

じゃんがじゃんが

2017.08.05(Sat)

『未分類』 Comment(2)Trackback(0)
0805-6_20170805134139fcf.jpg
アンガールズのオチっぽくないかもしれませんが。

前回の内容で「救われる」という言い方に物申したのに、ここでは使ってしまってましたね・・。

「救われる」も、もっと細かく見てみるべきでした。

pagetop ↑

意外な結末に終わる

2017.08.03(Thu)

『未分類』 Comment(2)Trackback(0)
言葉でいうと「救われる」という言い方になるけど、これが本当にふさわしいかよくわかりません。

日常生活の具体的な辛さならともかく、

仏教的にみた苦しさの中にいるという感覚は常日頃感じてはいないので、

救うといわれても何をどう救われるかよくわからないのが実感なのではないでしょうか。

今の状態をゼロとして、ここに何かプラスされないと救われたということにはならないのではないかと思う方も

いらっしゃるのではないかと思います。

でもそのゼロの状態ですでにお救いの中なので、私の感覚でいえば何かがプラスされたような自覚はありません。

ゼロに何かを足したい、足してもらいたいと思っていたけど、何かを上乗せする解決の仕方ではありませんでした。

「救われる」「救われない」という切羽つまった二択ではなく、

「すでに許されている」という広々として暖かく感動的な終わり方でした。





pagetop ↑

▼ プロフィール

ことり

Author:ことり
こんにちは、
ようこそいらっしゃいました。
拙いページですが
お気軽にコメントしてください。
kotorinokotonoito@gmail.com

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ TOEICボキャドリル

▼ カテゴリ
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QRコード

pagetop ↑

Copyright © 2018 ことり all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.